2009年9月に女の子を出産。2012年6月には男の子を出産。日々のちいさな発見や出来事を紹介していきます。


by keyoco
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

36W3d 検診の日

今日は、臨月に入って最初の検診でした。

さっそく超音波でお腹の子をチェック。

ぷくちゃんの推定体重は
約2700g(←やっぱり、細かい数値は出ない・・・)

推定身長は
約47cmだそうです。

鼻筋や目はきれいに見えるけど、どうも手を口元に
持ってくるのが好きなようで、いつも顔全体を
きれいに見ることが出来ない・・・。

今回は内診は無く(なぜ?)、37週からまたあるそう。

足のむくみをしっかり見られ、またもやむくみ緩和の漢方薬を
処方されてしまった。

私の場合は血圧がまだ低いので、そんなに心配はいらないが、
それでも臨月にいきなりポーンと血圧が上がる人もいるようだ。

今日は採血もしたけれど、この採血からも臨月に血圧が急上昇する
タイプなのかどうか分かるらしい。 現代の医学はすごいな・・・。

それから、陣痛などお産の兆候が現れたときの
対応方法についても説明を受けた。

なんだか巨大プロジェクトの対策会議みたいだ。


この病院の母親学級に出た時に、院長先生がこう言ってた。

赤ちゃんが予定日より早く生まれるか、遅く生まれるかは
何で決まるかというと、ママの胎盤の寿命らしい。
へ~、胎盤にも寿命があるなんてビックリ!!


そしてその寿命を知ることは、今の医学ではまだ不可能らしい。
[PR]
by keyoco | 2009-09-08 23:55 | マタニティ