2009年9月に女の子を出産。2012年6月には男の子を出産。日々のちいさな発見や出来事を紹介していきます。


by keyoco
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:マタニティ( 33 )

出産ストーリー

忘れないうちに今回の出産ストーリーを残しておきたいと思います。

<9月9日>
ピンク色のおりものを確認。 おしるしか?
しかし、8月下旬にもあったのでたいして気にせず・・・。

<9月11日>
急に左の腰が痛くなる。
歩くときや座るときもズキッとくるほど、いつも以上の痛み。
産婦人科から、お産が近いときの兆候として「腰や恥骨が痛くなる」と
言われていたが、恥骨はだいぶ前から痛かったので、
これもまたあまり気にせず・・・・。

<9月14日>
出産前に食べておきたかったステーキを姉と一緒にランチで食べる。
その後、大きい公園に行って姉が一眼レフのカメラで
妊婦姿の写真をいっぱい撮ってくれた。 
これが今思うと虫の知らせだったのか・・・。

<9月15日>

4:00 AM 
目が覚めた時に尿漏れのような感覚がありトイレへ。 
ナプキンがかなり濡れていたが、骨盤が緩んできて
尿漏れを起こしたんだろう・・・と思いつつ、ちょっぴり不安がよぎる。

7:00 AM
早朝に取り替えたナプキンが、またもやひどく濡れている。
匂いも違う。 ここで初めて破水を疑い始める。
病院からもらったノートに書いてある、いくつかある破水のパターンの
1つに完全に当てはまっている。   

朝食を食べながらくつろいでる両親に
「もしかしたら破水してるかも・・・」と伝えた。

7:30 AM
病院に電話。 状況を伝えたところ
「破水の可能性があるので、入院準備をして来てください」とのこと。

9:00 AM
病院に到着。 検診の結果、やはり破水していた。
子宮口は1cm開いている。 院長先生いわく、「明日の朝までに
陣痛が起こる可能性あり。今日中に産まれることはありません」とのこと。

採血や検査をして1日過ごす。

夜、旦那さんが群馬に来てくれる。

<9月16日>
朝になっても陣痛は無く、陣痛誘発&子宮口を柔らかくする薬を
1時間に1回(計6回)飲む。

看護師さんいわく、これを飲んでもすぐに効く人と、
1回陣痛が来てもすぐに遠のいてしまう人もいるらしい。
私は前者になるのか後者になるのか、乞うご期待といった感じだ。

12:30 PM
昼食中から、お腹がしめつけられるような違和感を感じ始める。

13:30
5分間隔でお腹が張り始める。(まだ痛みはほとんどない)

14:30
痛みが出てきて、これは陣痛か?と思いナースコール。
「じゃぁ、今のうちに陣痛室に移っておきましょう」ということで
陣痛室へ。  これからどれほどの痛みがやってくるのかと思うと
急に怖くなり、情けなくも涙が出てくる。

ここから6時間、エスカレートする陣痛の痛みに
ただひたすら耐える。 数日前から痛めてた腰が
破壊されるかと思ったくらい、とにかく腰が痛かった。

マタニティスイミングで習った、いきみ逃しの呼吸法。
「あ~こういうことだったのか・・・」と思いながら、ひたすら実践する。

21:00
面会時間が終了となる為、母と姉がこのまま残ったほうがいいのか
それともすぐに産まれないなら帰ったほうがいいのか迷い始める。
決断を下すため子宮口をチェックしたら、なんと全開。
このまま残ってもらうことになった。 

助産師さんに仰向けになってくださいと言われる。
(人によっては、分娩室に入って仰向けになった途端に
陣痛が遠のいてしまう人がいる為、1度仰向けになって
それでも陣痛の間隔が短いようなら分娩室に移るらしい)

仰向けになった。 陣痛の間隔は・・・・遠のくどころかさらに短くなった。

21:20
身をひきずりながら、分娩室へ移動。
分娩台に乗った瞬間、「もう少しで赤ちゃんに会えるんだ。ゴールは近い!」と
いきなりポジティブになる。 助産師さんから、「赤ちゃんの頭がもう見えますよ。
3~4回いきんだら出てくると思います」と言われた。

実際2~3回いきんだところで、助産師さんから
「すみません、いきむのがあまりにも上手で
もう赤ちゃんが飛び出そうなので、いきむのを止めてください。」と言われた。
そう、スイミングで習った水中座禅の呼吸法が効いたのだ。

「はい、じゃぁ手を胸にあててハッハッハッと呼吸して」と助産師さん。
お~なに~これもスイミングで習ったままじゃないかっ!!

21:58
そして、その時はやってきました。

何かものすごく大きい物体が体から抜けた感覚があったのです。

そう、産まれました! 2840g 49cmの女の子です。
元気に産声をあげて、手足をバタバタしていました。

「おなかにいたのは、あなただったのね」と、涙が溢れてきました。


妊娠中はこの子がお腹にいてくれたことで、本当に幸せだったし
いろいろな経験をさせてもらうことが出来ました。
そして出産を通して、感動はもちろん命の大切さや責任の重さを
改めて教えてもらった気がします。

以上、私の出産ストーリーでした。
[PR]
by keyoco | 2009-09-26 16:01 | マタニティ

誕生

c0195365_19164823.jpg


9月16日、21時58分、無事に2840g・49cm の女の子を出産しました。

妊娠中はもちろん、陣痛から出産まで
そばで支えてくれた旦那さん、
そして、陣痛の間ずっと腰をさすってくれたり
励ましてくれたお母さんとお姉ちゃん、
本当にどうもありがとう。

色んな人がそばで支えてくれたおかげで
乗り越えられた出産だと思ってます。

そして何よりも私たち夫婦のもとに産まれてきてくれた
我が子にも感謝の気持ちでいっぱいです。

我が子に会えた瞬間は、涙があふれ
抱いた瞬間に感じた温かさと重みは
一生忘れられないくらい、大きな感動でした。

これから色んなことがあると思いますが、
家族3人で助け合いながら、頑張っていきたいと思います。
[PR]
by keyoco | 2009-09-17 18:30 | マタニティ

ベビーベッド

今日はカラッとした気持ちいい快晴となった。

せっかくなので、先週頂いたベビーベッドを
両親とあれやこれや言いながら組み立てた。
(取扱説明書が無かったため、3人の脳みそをフルパワーで活用・・・)

c0195365_10173080.jpg


それから、先日ようやくチャイルドシートも購入した。

我が家はエールベベのクルットプレミアムに決定。


なんか、ベビー用品が本格的に揃い始めてきて、
出産が段々と近づいてきていることを実感した。


昨日から37週目に突入。正期産に入ったので
もういつ産まれてもおかしくない。
ちょっとお腹が張るだけで(痛みは無いのに・・・・)、
びびってる始末だ。

時々、スイミングで習った呼吸法を思い出し
練習してみる。 うぅ~泳ぎたい。
体力と肺活量が欲しい・・・・。
[PR]
by keyoco | 2009-09-13 21:51 | マタニティ

Hamleysのおもちゃ

先週旦那さんが出張でイギリスに行ってました。

そしてこれから産まれてくる我が子に、
Hamleysのおもちゃをお土産で買ってきてくれました。

c0195365_1152762.jpg


私は初めて知ったのですが、イギリスでは有名な
おもちゃの専門デパートだそうです。

「最近は自分の買い物より、ベビー用品の
ショッピングのほうが断然楽しい」と言い切る旦那さん。

いいぞ~!! その調子でこれからもヨロシク ☆
[PR]
by keyoco | 2009-09-11 22:30 | マタニティ

36W3d 検診の日

今日は、臨月に入って最初の検診でした。

さっそく超音波でお腹の子をチェック。

ぷくちゃんの推定体重は
約2700g(←やっぱり、細かい数値は出ない・・・)

推定身長は
約47cmだそうです。

鼻筋や目はきれいに見えるけど、どうも手を口元に
持ってくるのが好きなようで、いつも顔全体を
きれいに見ることが出来ない・・・。

今回は内診は無く(なぜ?)、37週からまたあるそう。

足のむくみをしっかり見られ、またもやむくみ緩和の漢方薬を
処方されてしまった。

私の場合は血圧がまだ低いので、そんなに心配はいらないが、
それでも臨月にいきなりポーンと血圧が上がる人もいるようだ。

今日は採血もしたけれど、この採血からも臨月に血圧が急上昇する
タイプなのかどうか分かるらしい。 現代の医学はすごいな・・・。

それから、陣痛などお産の兆候が現れたときの
対応方法についても説明を受けた。

なんだか巨大プロジェクトの対策会議みたいだ。


この病院の母親学級に出た時に、院長先生がこう言ってた。

赤ちゃんが予定日より早く生まれるか、遅く生まれるかは
何で決まるかというと、ママの胎盤の寿命らしい。
へ~、胎盤にも寿命があるなんてビックリ!!


そしてその寿命を知ることは、今の医学ではまだ不可能らしい。
[PR]
by keyoco | 2009-09-08 23:55 | マタニティ

育児日記帳

先日、プレゼントで育児日記帳を頂きました。

c0195365_1024164.jpg


とてもかわいくて、                
やさしい色合いとデザインで
すぐに気に入ってしまいました。


日記は3日坊主で終わってしまう私ですが
この日記帳は日記を書くこと以外に
いろんな項目があって、写真を貼れる
ページもあるので、なんとか続けられそう(!?)・・・・かな。


c0195365_10201084.jpg


いつか、自分の娘に堂々とプレゼントできるよう
いろんなことを書き記していきたいと思います。

今日は検診の日です。
何があったのか、朝から大暴れのぷくちゃんですが
成長ぶりをみるのが楽しみ☆
[PR]
by keyoco | 2009-09-08 10:13 | マタニティ

36W0d 臨月突入

今日から妊娠10か月(臨月)に突入しました。

期待と不安が入り混ざった、なんとも複雑な気持ちです。

早く我が子に会いたい気持ちと、でもお腹のなかでボコボコ動く感覚が
もう少しで無くなってしまうのかというちょっぴり寂しい気持ちもあったりして。
それに出産という未知の体験が近づいてて、楽しみなような怖いような・・・。

最近の体調は・・・・

① お盆から長引いてた咳のせいで、子宮口が1cm弱開いてる

② 相変わらず体重が増加中

③ 足のむくみだけでなく、手までむくんできた

④ 熟睡できない(お腹が重いので寝返りをうつと、目が覚める)

⑤ トイレがまた近くなってきた

⑥ 便秘気味

⑦ おっぱいから出る分泌液の量が増えた

⑧ 恥骨が痛い


今日は、母の友人がベビーベッドを持ってきてくれました。
買うかレンタルにしようか迷っていたので、とても助かりました。

あとは、チャイルドシートを買わないと・・・・。
のんびりしてられません。

旦那さんも明日出張から帰ってきます。
この1週間何もなくてホント良かった!(はぁ~)

昨日は出産前に髪を切ってきました。
やっぱり慣れない美容院に行ったせいか、希望がきちんと伝わらず
ちびまる子みたいな頭になってしまいました。 ショック・・・・(泣)

今すぐ神戸に戻って行きつけの美容院で修正してもらいたいくらいです。
なんなら過去に戻りたいです。   

だって、これからたくさん写真を撮るのに、
全部この髪型で写るなんて・・・。 そんなバカな・・・。


では、残り少なくなったマタニティーライフを
大切に過ごしたいと思います。
[PR]
by keyoco | 2009-09-05 11:37 | マタニティ
今日は出産をする産婦人科で妊婦検診をしてきました。

実は週末から体の様子がどうもおかしい。

ピンクのおりものが出たり、咳をすると下腹部が痛かったり、
おっぱいから出る分泌液の量が多かったり・・・・。

すべての不安を先生に相談した。

ついでに咳止めの漢方薬が、全然聞かないことも
きちんと訴えた。

まずは超音波でぷくちゃんの様子を見る。

推定体重は2500g前後らしい。
(機械が古いのか、細かい数値は出ない・・・)

お腹周りのサイズからして、標準よりやや大きめのベビーらしい。
体型はさっそく私に似てしまってるようだ・・・。

そして次に内診。 あまり内診は好きではないが
今回ばかりは「お願いします!!」という気持ちだった。

そして、私の不安は的中した。

「あ~、やっぱり長い間咳が続いているので
子宮口も1cm弱開いてますねぇ~」と先生。

さらに「まぁ、もうすぐ臨月なので特に問題はないと思うけど
破水しない限り、お産は予定日より1~2週間早まる可能性は
強いです」と言われた。

咳については、少しでも軽くしましょうということで
痰の切れやすい薬と咳を抑える薬を処方してもらった。
(もちろん、漢方薬ではありません)

お産が早まると聞いて、のんびり構えてた私も
いきなり焦り始める。  いつ何が起きてもいいように
帰宅してからさっそく入院準備を始めた。

しかし、それ以上に心配なことが1つ。

今週は旦那さんが海外出張で日曜日まで帰ってこない。
せめて今週だけは、何も起こらないでほしいな・・・・。
[PR]
by keyoco | 2009-08-31 20:14 | マタニティ

スイミング最終日

今日は、マタニティスイミング最終日でした。

やっぱり、相変わらず咳は少し出るけど、
もう泳ぎたくて仕方なかったので、
助産師の先生と相談して、「無理せずリラックスしながら・・・」という
条件で泳ぐことにした。

運動不足ということもあり、泳いだ後はだいぶ疲れたが、
それでもいいリフレッシュになったことは確実だった。

今日は私が最終日ということもあり、泳いだ後は
助産師の先生がお産について、話をしてくれた。

本当は出産ギリギリまで、ここに通うのが理想なんだけど
こればかりは仕方ないな~。

最後は記念写真を撮り、名残惜しくスイミングを終えました~。

あ、でも帰りにUCCカフェプラザのワッフルは
しっかり食べ納めしたけど・・・・(笑)
[PR]
by keyoco | 2009-08-25 19:16 | マタニティ

34W0d  漢方薬の奥深さ

今日はこちらで最後の妊婦検診だった。
(次からは里帰り先で検診となる)

足のむくみと咳が相変わらずの悩みのタネだ。

2週間前に先生にむくみを訴えたときは、
「血圧も正常だし妊娠中毒症ではないから、
どうすることも出来ない」と言われ、出産までこのむくみと
付き合わなければならないのかと落胆した。

しかし、今日は看護師さんが浮腫のチェックをしていたら
「あら、だいぶむくんでますね~」とつぶやいた。
「はい~、もうつらいんです~」と返しつつ、心の中で
「2週間前にも訴えたけど・・・・」と付け加えた。

咳については、今週はじめに産婦人科にTELしたら看護師さんから
「こちらに来ていただいてもいいが、内科で妊婦向けに出す
薬(漢方薬)と同じになりますよ~」と言われたので
近所の内科で漢方薬(葛根湯)を処方してもらったが、
全然効かないことを先生に伝えた。

「あ、葛根湯?? これは効かないよ。 これは風邪のひき始めに
飲むものだから。 咳に効く漢方薬を出しておきます」と先生。

思わず、私は絶句・・・・・。

えぇ~~、この5日間何だったんだ??? スイミングも休んで、
治ると信じて飲んでた薬が、意味なかったとは・・・・。

ということで以下の漢方薬を処方された。

① クラシエ 柴苓湯(サイレイトウ) → むくみを緩和する

② マツウラ 麦門冬湯(バクモンドウトウ) → のどに効く



しかし、漢方にも色々種類があるんだね~。

妊婦さんでも飲めるだけあって、強い薬ではないので
即効性には欠けるけど・・・・、悪化するよりはマシかな。

ところで本日の検診では、ぷくちゃんの推定体重は

2316g

口をパクパク動かしてて、思わず旦那さんと微笑んでしまう。

しかし、母子手帳にはこれまた「体重に注意」のハンコが
しっかり押されてた・・・(泣)
[PR]
by keyoco | 2009-08-22 18:57 | マタニティ