2009年9月に女の子を出産。2012年6月には男の子を出産。日々のちいさな発見や出来事を紹介していきます。


by keyoco
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2009年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

週末

今日は快晴だったけど、桜を見るにはちょっと寒い。

旦那さんは、会社の花見に行っちゃったし、
でもいいお天気だから私もお出かけしたいなぁ~ということで、
1人で三ノ宮へ行ってきました。

春物の洋服がカラフルでかわいいですね☆
妊婦さんも着られる服はないかなぁ~と
色々歩き回ってたら、案の定疲れました。

デパートの休憩イスで、ひとまず休憩・・・・。

買い物中に休憩イスに座るなんて、今まで無かったのになぁ~と
思いつつ、でも座ると楽になるもんですね(^v^)
ついでに、人間ウォッチングも楽しんだりして!

疲れたら休む!!! 今や鉄則になってしまいました・・・・(笑)
[PR]
by keyoco | 2009-03-28 20:45 | その他

母子手帳

c0195365_20234129.jpg


今日、ようやく母子手帳をもらいに行ってきました。

単純に母子手帳だけを頂くのかと思ったら、
あれやこれやと色々な小冊子もあり
パンパンの封筒になっていました・・・(汗)


c0195365_2024432.jpg


キーホルダーももらったので、
さっそくカバンに付けました。
いざという時の為にね。

いざ、こういうのを手にすると
段々と実感がわいてきますね v(^o ^)v

母子手帳はさっそく記入できるところはしてみましたが、
結構自分では分からないことがあるもんですね。
母に電話してはあれこれ聞いてました~。
[PR]
by keyoco | 2009-03-25 20:10 | マタニティ

ナカムラミツルさんの本

妊婦さんの口コミで知った本を
さっそくネットで購入しました。

ナカムラ ミツルさんの
「いつも みてるよ、 がんばってるのしってるよ」

c0195365_15341939.jpg



妊娠すると、初めて起こる様々な体の変化に
時には戸惑い、時にはへこむことがあります。

そして先日切迫流産で入院したときも
いろんな思いが頭の中を駆けめぐったけど、
この本に出会えたことで、「そっか・・・そうだよね・・・」と
考え直すことが出来ました。

それがこのページ。

c0195365_1538651.jpg


c0195365_15395331.jpg



腹痛と出血で病院に駆け込んだときは、
診察するまでマイナスなことしか考えられませんでした。
でもエコーで元気に心臓が動いているのを見たとき、
数ミリしかないおなかの赤ちゃんに
「ママ、しっかりして! 大丈夫だよ 」と言われているような気がして、
逆に励まされてしまった自分がいました。

親が子供を守るものと思っていたけど、
私の場合は逆に守られていた気がします。
流産の危機を乗り越えて、今があるけれど
「自分が頑張ったから」なんて、これっぽっちも思えません。

だって爆弾(=血のかたまり)と隣り合わせなのは、
私ではなく、おなかにいる赤ちゃんなのだから。
この子が一生懸命生きようと、私のおなかに
しがみついていてくれたとしか思えません。

でも、守ってもらってばかりじゃダメですね。
これからは、私もマタニティ生活を楽しみながら
おなかの赤ちゃんが快適に過ごせるようにしていきたいです。

この本はイラストもすごくかわいくて、微笑ましいです。
妊娠してから涙腺がゆるみっぱなしで、
この本を読んでいる時も、涙が止まりませんでした。
[PR]
by keyoco | 2009-03-22 14:54 | マタニティ

トニックウォーター

c0195365_14183638.jpg


アメリカでルームメイトに教えてもらったトニックウォーター。

妊娠してからアルコール禁止の生活が始まったものの、
やっぱりのどごしのいい飲み物を求めている私・・・。

最初はジンジャエールでごまかしていたけど、
やっぱり「ジュース」感覚になってしまう。
コーラはカフェインが入っているし・・・。

そこで、思いついたのがこのトニックウォーター!!

今日はメキシカン料理を作ったので(←写真取り忘れた・・・)
一緒にゴクゴク。 「はぁぁ 懐かしい、 そしてウマイ!!!」

アメリカではトニックウォーターは慣れ親しまれてる。
1.5リットルのボトルで売っているのが当たり前。
サンディエゴのメキシカンレストランに行ったときも
「水下さい」とお願いしたら、なぜかトニックウォーターが
出てくるくらい。 

ちなみに私はライムを入れて飲むのが好き。
これもルームメイトが教えてくれました ☆
[PR]
by keyoco | 2009-03-20 21:15 | グルメ

春がきた・・・?

自他共に認める、冬嫌いな私。

外出する用がない限り、そして快晴でない限り、
外の冷気には出来る限り触れたくないというのが本音だ。
(まぁ、このせいで冬は必ず太るのも事実だけど・・・)

しかし・・・・

今日は笑顔がこぼれるほど暖かく、とってもいい天気。

こうなると、家でじっとしていられなくなるのだ。ふふ。(勝手な人間・・・・)

待ってましたとばかりに、さっそくチューリップの球根を庭に植えた。

c0195365_2191081.jpg


自慢じゃないけど、あまり花を咲かせたことはない・・・。

なので、今回もあまり肩に力を入れず
「咲いたらラッキー、ダメならまた来年」の精神で行こうと思う。

来週はまた寒の戻りになるとか・・・・。
もう、早く春になってぇ~~~。
[PR]
by keyoco | 2009-03-17 20:51 | ひとりごと
今日はホワイトデーということで、
ロールケーキを頂きました~。

ファクトリーシンのミルキーロール
c0195365_1735472.jpg


クリームたっぷりですが、甘さ控えめで
その名のとおりミルキーな味わいです。
スポンジもふわふわ ☆ とってもおいしかったです。

私の中でファクトリーシンは、神戸のケーキ屋の中で
1位、2位を争うほど好きです。 とくにここのレアチーズケーキが好き。
他のケーキ屋で食べるレアチーズは、さっぱりした味わいが多いけれど、
ここのレアチーズはチーズの塩味がほんのり感じられるほど、
と~っても濃厚で私好みなんです ☆ ワインと一緒に食べてもGOOD!!

といいつつ、最近レアチーズご無沙汰してるなぁ・・・。
うぅ、食べたくなってきた・・・。

FACTORY SHIN ウェブサイト
[PR]
by keyoco | 2009-03-14 22:24 | スイーツ

とまっとう

5年前まで納豆が食べられなかった私。   
  
いや、食べられないと言うか
単に「嫌い」だった。  そう、あの独特のにが味とにおい・・・・。

しかし、ある日テレビでタレントの菊川玲さんがいつも自分で
作るという納豆の食べ方を紹介してた。

その名も 「とまっとう」。

c0195365_16473713.jpg


作り方は至って簡単。

市販の納豆に、小さくカットしたトマトと
みじん切りのネギ、黄身を入れ、
添付されている納豆のタレとからしを入れて、ガーっと混ぜるだけ。

味が物足りないときは、めんつゆを少々足してもOK。

ゲストのタレントさんが試食すると
全員が口をそろえて「おいしい~~~」と絶賛。

「そんな、おおげさな」と思いつつ、ちょっと納豆嫌いを
克服したかった私は、半信半疑ながらトライしてみることに!!

「あら、おいしい~」

今までの納豆嫌いは何だったんだ・・・っていうくらい
つるつる~って食べられたのです。

そして何回か「とまっとう」を食べるうちに、
段々と納豆だけでも食べられるようになったのです。

人生、何が起こるか分かりません。
このレシピに出会ったおかげで、私の食生活が変わっちゃったのですから・・・。
[PR]
by keyoco | 2009-03-11 16:24 | グルメ

カフェ気分

退院してから、ず~~と家でも寝たきり。

こんなに寝たきりの生活をしたのは、4年前のインフルエンザに
掛かったとき以来・・・・。

おととい産婦人科へ検診に行ったら
「少しずつ日常生活に戻していいですよ」って言われてたので
久々に快晴の今日は、外の空気を吸いがてら
レーブ・ドゥ・シェフへお茶しに行ってきました☆

c0195365_16432472.jpg


この時期はイチゴを使ったスイーツが気になります。
ここでは、軽いランチの他にアイスクリームやパンも楽しめます。

レーブ ドゥ シェフ ウェブサイト

でも、ずっと寝たきりだったので、体力は落ちてるし
やっぱり疲れやすくなってるなぁ~。

まだまだ無理は禁物。 明日はまたゆっくり過ごします。
[PR]
by keyoco | 2009-03-08 16:36 | スイーツ

退院

今日、無事に退院してきました。

診察の結果、巨大化していた血のかたまりが
予想以上に小さくなっていて、これには院長先生も
ビックリしてました。 「奇跡」とまで言ってくださり
ホッとしました。

でも、まだまだ安静が必要なので、
本当は遠くの実家に帰って、寝たきりの生活を
させてもらおうかと思っていたのですが、
長時間の移動にドクターストップがかかりました・・・(泣)

仕方なく、自宅で安静な生活をすることにしました。

姉が帰る前に、1週間分の食事をなんと3時間で作るという
スゴ技を発揮してくれ、私も旦那さんもかなり
助かりました。

ところで、この入院中久々に雑誌をじっくり
読むことができました。 

意外にも、この雑誌は全部旦那さんのセレクトで~す(笑)

c0195365_1824569.jpg

[PR]
by keyoco | 2009-03-02 17:45 | マタニティ