2009年9月に女の子を出産。2012年6月には男の子を出産。日々のちいさな発見や出来事を紹介していきます。


by keyoco
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

34W0d  漢方薬の奥深さ

今日はこちらで最後の妊婦検診だった。
(次からは里帰り先で検診となる)

足のむくみと咳が相変わらずの悩みのタネだ。

2週間前に先生にむくみを訴えたときは、
「血圧も正常だし妊娠中毒症ではないから、
どうすることも出来ない」と言われ、出産までこのむくみと
付き合わなければならないのかと落胆した。

しかし、今日は看護師さんが浮腫のチェックをしていたら
「あら、だいぶむくんでますね~」とつぶやいた。
「はい~、もうつらいんです~」と返しつつ、心の中で
「2週間前にも訴えたけど・・・・」と付け加えた。

咳については、今週はじめに産婦人科にTELしたら看護師さんから
「こちらに来ていただいてもいいが、内科で妊婦向けに出す
薬(漢方薬)と同じになりますよ~」と言われたので
近所の内科で漢方薬(葛根湯)を処方してもらったが、
全然効かないことを先生に伝えた。

「あ、葛根湯?? これは効かないよ。 これは風邪のひき始めに
飲むものだから。 咳に効く漢方薬を出しておきます」と先生。

思わず、私は絶句・・・・・。

えぇ~~、この5日間何だったんだ??? スイミングも休んで、
治ると信じて飲んでた薬が、意味なかったとは・・・・。

ということで以下の漢方薬を処方された。

① クラシエ 柴苓湯(サイレイトウ) → むくみを緩和する

② マツウラ 麦門冬湯(バクモンドウトウ) → のどに効く



しかし、漢方にも色々種類があるんだね~。

妊婦さんでも飲めるだけあって、強い薬ではないので
即効性には欠けるけど・・・・、悪化するよりはマシかな。

ところで本日の検診では、ぷくちゃんの推定体重は

2316g

口をパクパク動かしてて、思わず旦那さんと微笑んでしまう。

しかし、母子手帳にはこれまた「体重に注意」のハンコが
しっかり押されてた・・・(泣)
[PR]
by keyoco | 2009-08-22 18:57 | マタニティ